先端形状と針先について

先端形状と針先について2018.06.28

ミシン針の『針先』と言ったら、どこを思い浮かべるでしょうか?糸穴の先のとがっている部分でしょうか?もちろんそれも間違ってはいませんが、実はそのさらに先にも、加工が施されているのです。
目では見えづらい-ミシン針の針先-についてお話します。

 まずは基本から。ミシン針は、糸穴の下の部分から先に向かって細くなっていきます。
最も細くなった部分に、さらにとがった先(先端形状と呼んでいます)を加工することで-ミシン針の針先-が出来上がります。つまり『糸穴から下の細くなっている部分+先端形状=針先』なのです。



 最も基本的な針先は【レギュラーポイント(R)】です。糸穴の下の部分から先に向かって細くなり、とがった先端形状が付いています。
 レギュラーポイントよりもさらにとがった先端形状が【SPIポイント】です。レギュラーと比べると、糸穴の上の部分から先に向かって細くなっていて、よりシャープな針先が特徴です。


針先にこだわると、美しい縫いあがりに1歩近づきますよ!

Other READING