先端形状と針先について(ボール編)

先端形状と針先について(ボール編)2018.06.28

とがった先端形状についてご説明しましたが(詳細はこちら)、ミシン針はとがっているものばかりではありません。

ニット素材は、1つの編糸が連なって作られています。そのため、どこか1ヶ所でもダメージを受けてほつれてしまうと、そこからどんどん穴が大きくなり広がっていってしまいます。そこで、ミシン針の先端形状をボール形状にすることで(図1)、編糸をよけながら縫うことができ、生地へのダメージを防ぐことができます。

オルガン針では、用途や素材に合わせたボールの大きさを加工しています。
小サイズ=Jボール、中サイズ=Bボールです。
「ニットにはボール」これを覚えておいてくださいね!

Other READING